市原で家族葬形式の葬儀

  • 八千代市の公営斎場での葬儀

    • 葬儀をするにあたっては、何かと喪主の金銭的な負担がともなうものです。もちろん、葬儀のときに弔問に訪れる人たちからの香典の収入によって、ある程度の費用はまかなうことができますが、それだけでは足りない部分は自己負担となってしまいます。


      そこで、できるだけ費用を節約しながら葬儀を行うことも必要となってきますが、公営斎場を式場に選べば、その目的の一端は果たすことが可能です。

      八千代で葬儀情報選びに特化したポータルサイトです。

      千葉県八千代市の住民の人の葬儀を行う場合も、もちろん公営斎場の利用ができますが、この場合は、実際の式場は市外になってしまうことは覚えておいたほうがよいでしょう。



      八千代市の場合、周辺自治体との事務組合をつくって、そこで火葬場や斎場の運営などの業務を行っています。

      そのため、火葬場、斎場とも、近隣の船橋市内となりますが、柏市民と同様の低廉な価格での使用が可能です。式場は複数ありますので、参列者として見込まれる規模にあわせて申し込みをします。

      祭壇などもあらかじめ用意されているものを借り受けることは可能です。



      ただし、あくまでも公営斎場は場所や設備を貸すだけですので、通夜や告別式の司会などのいっさいの業務は、八千代市内にある葬儀社などと契約して、担当スタッフと打ち合わせをした上での依頼となります。


      こちらも会社によって、またプランによって、価格がかなり異なってきますので、内容についてはよく説明を受けた上で、適切なものを選択するのがよいといえます。