市原で家族葬形式の葬儀

  • 千葉県八千代市の葬儀について

    • 千葉県八千代市は県北西部に位置し人口19万人ほどの街です。
      東京へ通勤圏内とあって東京のベッドタウンとしても注目を集めています。

      1975年ごろには大きな団地が建設され全国でも有数の人口増加率を誇った街ですが近年高齢化が進んでいます。こういった八千代市をはじめとする千葉県の葬儀は、葬式組や葬式班といった近隣住民がお葬式にお手伝いをする風習が残っています。

      八千代で葬儀についてお答えします。

      また故人が長寿を全うした場合、紅白の紐を通した五円玉をポチ袋に入れて参列者に配る長寿銭というものも残っています。古いしきたりのある千葉県の葬儀が八千代市でも近年家族葬が増えています。



      家族葬とは文字通り、親戚などのごく親しい人のみが葬儀に参列し葬式組や葬式班などの近所の人が参列しない小希望のお葬式のことです。故人が生前子供などの家族だけに見送られたいと望んで申し込んでいることも多いです。
      また近年は、核家族かも進み子供たちが東京などに住み同居していないことも多く、自然と子世代が近隣住民との付き合いがほとんどないこともあり、葬儀で近所の人に手伝ってもらうことが残された家族に負担をかけるのではないかと考えて家族葬を選択する人も増えています。



      費用の面においても、従来の大きな規模のお葬式よりも家族葬にする方が安く済むということも考えられます。
      参列者も以前の葬儀に見られた会社関係の人なども、高齢化社会で退職してから十数年となると自然と付き合いがなくなるので、家族葬で十分と考える人も多いです。