市原で家族葬形式の葬儀

  • 八千代市の葬儀と式場について

    • 千葉県八千代市内で葬儀をするにあたって、最初の課題はその式場選びについてです。
      喪主は葬儀において中心的な役割を果たし、短い時間のなかでさまざまなことがらを決めなければならないため、苦労が多いものです。

      しかし、少なくとも日時と式場が決まらなければ葬儀ができないのは当然ですので、慎重かつ素早い決断を心がけなければなりません。

      八千代市内の場合、自宅で葬儀を執り行う選択肢も考えられますが、家族葬などの少人数でもないかぎりは、参列者を十分に収容できるだけのスペースがあるかどうかは疑問な部分があります。室内のスペースだけではなく、当日の参列者の駐車場の確保なども考えなければなりません。
      そこで、自宅以外の選択肢となると、寺院のなかか、または公営、民営の斎場が考えられます。

      鋭い観点から八千代で葬儀の情報が必要なタイミングで手に入ります。

      寺院の場合は、敷地には余裕のある場合が多く、昔ながらの檀家であれば、気軽に応じてもらえる可能性は高いといえます。
      八千代市在住とはいっても、いわゆる新住民にあたり、特定の菩提寺をもっていない場合には、やはり別の斎場を選ぶのが適切といえます。



      公営の斎場ですが、実は八千代市内にはなく、周辺自治体との共用になっていますので、めんどうでも市外に出なければならないのがネックといえます。

      民営の斎場の場合には、八千代市内にもいくつかあり、それぞれ葬儀をする目的に特化していますので、式場そのものや駐車場も広いスペースが確保でき、便利に使うことができます。